DIYで作る目隠しフェンスの魅力

目隠しフェンスとは、隣家や道路などから見えてしまうのを遮断するためのもので、高さも様々なものがあり、また素材も木製や樹脂製のものやアルミ等の物があります。市販のものでは、風通しや採光の事を考えてメッシュ状のものや格子状のものが多いです。そしてご自分でDIYとして作っていらっしゃる方も多いです。そのための素材もホームセンターなどで多く取り扱っていて、種類も豊富なのでご自宅に合った目隠しフェンスを手作りするのもなかなか楽しいものでしょう。目隠しフェンスを利用するとプライバシー保護にもなり、防犯にも役立ちます。また木製のフェンスなら自然な感じの雰囲気などが出て、アルミ制ならスタイリッシュな雰囲気にといったように、家のデザインにおいて個性をさらに出したイメージ作りにも一役かってくれます。

目隠しフェンスをDIYすると、メリットもいっぱいです。

目隠しフェンスをDIYで手作りするメリットは、希望すれば費用面で安価に出来ることがあげられます。手作りセットになって販売もされていますので、業者に頼んで作ってもらうよりもコスト面ではかなり安く済みます。また素材も自然な感じの木製や、重厚な雰囲気の鉄製、それよりもライトな感じになるアルミ製、ポップな色合いの樹脂製など、ご自分がイメージしている雰囲気に近いフェンスをDIYなら作ることができます。ガーデニングをしていらっしゃる方だったら、お庭の雰囲気とフェンスを調和させて楽しむこともできるでしょう。外部からの視線を遮るので、人目を気にせずゆっくりとリラックスできる効果も生まれます。視線は遮断しても、光は遮断させない素材が多いので、周囲をフェンスに囲まれていても明るい空間に仕上げることが可能です。

目隠しフェンスをDIYする時は素材の耐久性を考える

目隠しフェンスを身近なウッドフェンスを使ってDIYするために、ホームセンターなどの店舗で素材を選ぶときには多くの種類を前にして迷ってしまうこともあるでしょう。しかし選ぶために考えることは、まずは腐りにくい素材であるかどうかです。屋外に設置される物だと、当然雨風にさらされてしまうので、最初は綺麗に出来上がっても時間とともに浸食されて腐ってしまったとしたら元も子もないので、耐久性のあるものを一番に考えて選ぶべきでしょう。またそのままではなく塗装をする必要がある場合には、それも簡単にできることや、作成後のお手入れが簡単なウッドを選んだ方が、後々にとっても便利です。その上で、ウッドの自然の暖かみを感じられるような素材を選んで目隠しフェンスを作成できれば、とても素晴らしい外観になるはずです。